メニュー

アシュラ





アシュラ あらすじ

平安時代末期、飢饉によって屍が累々と横たわり、ある者達は人を殺して人肉を貪り食らっていた。その一人である妊娠した狂女は、やがて赤ん坊を産み落とす。狂女は「アシュラ」と名付けたその子を可愛がるが、やがて空腹に耐えかね焼いて食おうとする。

放送時期

2012年
公式HP
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ