メニュー

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン





ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン あらすじ

『FFVII』から2年後、クラウドは運び屋として生活していた。世界は滅亡の危機からは免れたが、爪痕は大きく、星痕症候群(通称・星痕)と呼ばれる謎の病気が蔓延していた。クラウド自身は今もなおエアリスのことを引きずっており、星痕の発祥をきっかけに仲間たちとの連絡を絶ち、教会で一人、生活するようになった。ある日、クラウドはレノから依頼を受けルーファウスの下へ向かっていたとき、謎の3人組に襲われる

放送時期

2005年
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ