メニュー

火垂るの墓





火垂るの墓 あらすじ

『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦争原体験を題材した作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとする。

放送時期

1988年
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ