メニュー

タイムボカン24 4話




今回の真歴史は、およそ2億5000万年前から6500万年前まで続いた『中生代』について。当時の地球はまだまだ人間などおらず恐竜が地上を支配していた、と言うのが教科書の歴史。

  反応を頼りに、中生代のジャングルへやって来たトキオとカレン。ところが、いきなり茂みから恐竜が飛び出してきて大ピンチ!? そこへ立ちはだかる長老、ひと声かけると途端に大人しくなる。なんと恐竜は長老のペットだった。村へ案内されると、恐竜に手綱をつけ乗る人や、服を着せ犬の様に連れている人の姿。今回の真歴史は『恐竜は人間のペットだった!』と判明…

タイムボカン24 3話へ


 
タイムボカン24のタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ