メニュー

妖怪ウォッチ 第142話




【妖怪カンペちゃん】
ジバニャンとウィスパーが突然棒読み口調になって、チョコボーと妖怪パッドを交換し始めた!そんなジバニャン達には出されたカンペ通りの行動をさせる妖怪“カンペちゃん”がとり憑いていた! カンペちゃんが出すカンペの無茶ぶりに疲れきったケータたち。あることを思いついたケータが召喚したのは、妖怪“無茶ぶりっ子”! すごい無茶ぶりをする無茶ぶりっ子なら、カンペちゃんを倒せると考えたのだ!ところが、無茶ぶりっ子とカンペちゃんには、ある衝撃の事実があった! ケータたちはカンペ地獄から抜け出せるのか!?

【妖怪テンパるンバ】
授業中にクマとカンチが突然焦りだしてテンパッている! そこにいたのは、とり憑いた人間の余裕をなくしてしまう妖怪“テンパるンバ”がいた! テンパるンバは、妖怪ダンス大会への出場が決まっているが、肝心なパートナーがまだ見つかっていないという。そんなテンパるンバのパートナーを探すために、ケータはダンスが得意な妖怪たちを召喚するが、みんな既にパートナーが決まってしまっていた。運よく花子さんと一緒に踊れることになったものの、ダンス大会がとんでもない事態に!?

妖怪ウォッチ 第141話へ


 
妖怪ウォッチのタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ