メニュー

妖怪ウォッチ 第146話




【妖怪のらりくらり】
ケータに何かを聞こうとしたフミちゃんが、聞きたいことを思い出せずのらりくらりとしている…。フミちゃんにとり憑いていたのは、何を言ってものらりくらりと言い逃れる妖怪“のらりくらり”! のらりくらりと戦おうとするケータたちだったがのらりくらりは自分のメダルをケータのポケットに押し込んでのらりくらりと逃げる。元にもどったフミちゃんからケータはプラネタリウムに誘われてうきうき気分!プラネタリウムに向かっている途中で2人は不良にからまれてしまった…!のらりくらりを召喚して のらりくらりと不良をかわすケータだったが…なんと身体がダラーッと伸びてきてしまった!!

【妖怪枕返し】
夜中にケータが目を覚ますと、頭と足の位置が逆になっていた!正しい位置に戻ってもう一度寝るが…目を覚ますとまたも逆になっていた! そこへ現れたのは、古典妖怪の“枕返し”。枕返しは実はケータに相談があってやってきたのだ。相談とは、先日枕返しをした時に嬉しそうに笑っていたというおばあちゃんのこと。おばあちゃんのところへ行ったケータ達が目にしたものは枕の下にあった1枚の写真。真相を確かめるためにバクを召喚して、おばあちゃんの夢を見てみると…。枕返しも覚えていなかった感動の真実が判明する!!

妖怪ウォッチ 第145話へ


 
妖怪ウォッチのタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ