メニュー

BLUE SEED





BLUE SEED あらすじ

『BLUE SEED』(ブルーシード)は、高田裕三の漫画作品。荒神の戦いから2年後、スサノオの魂が眠りに就いているにもかかわらず新たな荒神が出現した。新国土管理室のメンバーはネオ荒神の本拠地サンフランシスコに向かい、アメリカ海軍と協力して戦う。正式タイトルは『碧奇魂ブルーシード』ごく普通の中学生のはずであった藤宮紅葉は、奇稲田一族の末裔であり、自らが人柱になることによって「荒神」(あらがみ)と呼ばれる謎の怪物を封印する力を持っていた。紅葉を襲う荒神の出現と彼女を守る草薙護の存在。人柱という運命に迷いながら

放送時期

1994年
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ