メニュー

吉永さん家のガーゴイル





吉永さん家のガーゴイル あらすじ

田口仙年堂の著述によるライトノベル。ある日のこと、吉永家の長女・双葉が商店街の福引で三等賞を引き当てた。その賞品は、喋る犬の石像。その日を境に、吉永家と周囲の生活は一変する。その石像は自らを門番と名乗り、頼まれもしないのに吉永家の門柱の上に陣取って訪問者に誰何し、時に問答無用で新聞配達や近所の者に攻撃を仕掛けだす。

放送時期

2006年
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ