メニュー

大江戸ロケット





大江戸ロケット あらすじ

天保十三年の初夏。そんなご時世にも関わらず、玉屋清吉は、まだ誰も見た事が無い程のドでかい花火を作ることを諦めようとはせず、役人から逃げ回りながらの花火研究を続けていた。人外の青の獣と白の獣が目付黒衣衆によって捕らえられようとしていた。青の獣は討ち取れたものの、白の獣は清吉の打ち上げた花火が原因で逃してしまった。

放送時期

2007年
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ