メニュー

舟を編む 6話




恋文を渡した翌朝、香具矢に遭遇した馬締は思わず逃げ出してしまった……。
その日の昼、今後の対策について話しあう編集部員たち。そこで、西岡が自身の異動を告白する。衝撃を受ける一同。
西岡さんが……と呆然となる馬締は、不安に襲われつつ帰宅するのだった。
その夜、恋文の返事を香具矢に迫る馬締。絶対今日中に聞けと西岡から助言を受けていたのだ。
しかし、動揺した香具矢は部屋に戻ってしまった。振られた……と肩を落とす馬締。
しかし、恋文の文面を再確認してきたという香具矢は、馬締へ想いを告げる。

「私も、好きです」―――。

舟を編む 5話へ


 
舟を編むのタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ