メニュー

魍魎の匣





魍魎の匣 あらすじ

京極夏彦の長編推理、伝奇小説。百鬼夜行シリーズの第2弾。1952年・昭和27年の8月15日。中央線での人身事故というありふれたシチュエーションを発端としてストーリーが進む。暗い性格で友達もいなかった楠本頼子は、クラス一の秀才で美少女の柚木加菜子に突然「私たちは互いが互いの生まれ変わりなんだ」と声をかけられる。始めは戸惑う頼子だったが、互いに孤独だった2人は親交を深め、2人で最終電車に乗って湖を見に行こうと約束する。しかし加菜子は中央線武蔵小金井駅の高尾方面ホームから何者かに突き落とされ、列車に轢かれてしま

放送時期

2008年
公式HP
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ