メニュー

ガサラキ





ガサラキ あらすじ

日本の経済を影で操る旧家・豪和家は、代々伝わる「骨嵬」(クガイ)の組成を研究応用し、自衛隊と共に「タクティカルアーマー(TA)」という二足歩行兵器を開発した。余流能楽継承者である豪和家四男・ユウシロウは、「餓沙羅の舞」の実験途中にミハルという名の少女と精神接触をする。ミハルを擁する組織「シンボル」もまたガサラキ(ナダ)への接触実験を行っていた。

放送時期

1998年
公式HP
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ