メニュー

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 3話




3話「妄想だったのだろうか」

両親を早くに亡くした亜里亜は、兄・貴春と共に二人きりで生活していた。最愛の兄との日々、それは彼女にとって満ち足りた日々。しかし、その幸せは長くは続かなかった。幼い二人の関係は徐々に歪なものへの変化していく――。

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 2話へ


 
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-のタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ