メニュー

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 6話




失踪した千津を探して安命寺へ向かった一同。境内に響く不審な音を辿ると、そこには木製の箱を手にしたアルビノの少年が立っていた。満面の笑みを浮かべた少年は、実優羽に向かい「アンタの方だったんだね」と告げる――。

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 5話へ


 
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-のタイトルページへ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ