メニュー

ガラスの仮面





ガラスの仮面 あらすじ

平凡な一人の少女が眠れる芝居の才能を開花させ、成長していく過程を描いた作品。かつて、舞台『紅天女』(くれないてんにょ)で主役を演じて大女優と謳われた月影千草も今は芸能界を引退し、横浜で静かな生活を送っていた。大都芸能の社長令息・速水真澄と演出家の小野寺一は、『紅天女』の上演権を持つ月影から上演許可を得て、女優の姫川歌子主演で『紅天女』の上演を目論むが、月影は、『紅天女』の主演は自分もしくは自分が育てた女優にしか演じることはできないと言い、彼らの申し出を拒絶する。そして、10年待って自分が育てた女優が大成しなければ、上演権を譲ると言い放つのだった。

放送時期

1984年
公式HP
wikipedia

動画一覧




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ